沼は深く、暗く、底は見えず

クソッ、また買っちまったぜ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

プロッターのM5。ミニ5穴というのですかね。Amazonでポイント駆使して買ったんですが(先日の出張立て替え分のポイントやら色々で)バンドがない。送料かかったり納期かかったりで、勿体無いので今度静岡に行った時にでも買おっかな、と思ってました。が、バンドがないと全然閉じない。で、上にiPhone乗っけて矯正しているんだけど、あんまり効かず。ネットで検索すると、隣の市にも販売店があるようなので、そちらに行ってみることにした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ありました、バンド。この塊感、いいですね。

リフィルはアシュフォードの罫線のやつと名刺入れを買った。それと、プロッターの分度器付きの下敷き。罫線じゃなくて方眼がいいんだけどなあ。ないなら仕方ない。ペンホルダーも欲しかったけど、キリがないのでやめておいた。

M5はどこに行ってもリフィルが少ない。最低限しかない。6穴以上は割と揃ってるんだけどね。ロフトとかハンズ行かないとないのかな。駅前は駐車場代がもったいないのであまり行く気が起きないんだよなあ。

 

タイヤその後

ほんの少しだけ走ってきた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ちょっと前にタイヤを交換したわけなんすけど、ちょっとだけ峠っぽいところへ。まあ、私の走り方ではコーナーで破綻するようなことはまずないのですけど、タイヤの剛性の問題なのか何なのか、ちょっとふにゃにゃするような?あれ、でもネオバもこんなもんだっけ?うーん、思い出せんw

高速も走ってみたけど、直進性がネオバと比べて・・・でもこれは横風なのか?うむむむ?といったレベル。なんの参考にもならずサーセン。。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ここ最近、直行直帰があったりして車を会社に放置することしばしば。黄砂だか花粉だか分かりませんが酷いことに。どうせまた雨だし洗うつもりもなかったんですけど、

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

あまりに酷いので洗っときました。水洗いですが。この黄砂とも花粉とも言えない物質、水洗いではイマイチ落とし切れなくて。雨降ったらまた洗ってやろう。

ダヴィンチのシス手

ステーショナリー沼にズボズボハマっていく音が聞こえる・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

システム手帳を買いました。ちょっと安かったので。レイメイのダヴィンチのアースレザーのオールアースのバイブル。リフィルはノックスのマンスリーとウイークリーを入れてます。ここに罫線のメモなど入れると結構いっぱいいっぱい。リング径を小さい方にしたんだけど、大きい方でもよかったかな・・・でもこれ以上かさばるのも嫌だしな・・・

 

今までほぼ日手帳でやってたスケジュール管理をシステム手帳で行います。週ごとの忘れちゃいけないことリストを書く場所がなかったので、マンスリーは大雑把な予定、ウィークリーに日々の詳細な予定と、右側には週ごとの忘れちゃいけないリスト、俗に言うTO DOを書いてます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

んで、役目が軽くなったほぼ日手帳(オリジナル)、こちらはカバーをひっぺがして素っ裸に。こっちの方が全然書きやすやんけ。日々色々発生したこと(仕事で)を書いてます。今までそんなことしたことはなかったのだけど、書くことでストレス発散にもなるし。気づきっつうほど気づきもなく、完全な自己満足ですが、脳みその中がちょっとスッキリする。客先で開くこともないので、ほんとに書きたいことを書いてる。

んで、ロルバーンのLサイズノートは打ち合わせとかある時にメモする用。ここからシステム手帳にスケジュールとして写したり、ほぼ日にまとめてみたり。将来的にこのロルバーンをプロッターのA5に入れ替えたいと思ったりもする。

好きな持ち物で仕事した方が、同じ仕事でもちょっぴり楽しく感じたりするわけだ・・・というのはホイホイ文房具を買ってしまう自分への言い訳だったりする。

ディスコン

そうそう、S660終わっちゃうんすよね。

「S660 Modulo X」に「Version Z」を設定し発売

~これまでのご愛顧に感謝を込めたS660最後の特別仕様車~

販売台数もご先祖さまのBEATと似たような3万台くらいだとか。いやあ、両方とも乗れた私は幸せもんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ご先祖さまといっても、見た目は似てても全然違う車。

BEAT

  • 屋根がガバッと開く。開放感。開け閉めしすぎてなのかすぐ雨漏りする。笑っちゃうくらい漏れてくる。雨の日のバイパスとか右腕ビッショビショ
  • エンジンの上に若干荷物が乗る。二人乗りでも1泊ならかろうじて行けなくもない。一応トランクもある。大根数本入るくらい。でも意外と使える
  • 回さないと走らない。平たく言えば遅い。しかしレッドゾーンまできっちり回して公道を走らせることのできる気持ちよさ。
  • ちょくちょく壊れる。有名なのはエアコン回して走るとヒューズが切れてオーバーヒートするとか、デスビがぽっくりするとか(私はいずれも未経験)。

S660

  • 屋根が取り外し式。ガバッと開けられないのでBEAT比でオープン率激減。その代わり(?)雨漏りはしない。
  • 絶望的な積載量。二人乗りで1泊となると助手席の足元に荷物置かなきゃどうにもならん。幌入れも大根数本入るくらいしかない。二人で旅行したらお土産は諦めないといけない
  • 下からしっかりトルクがある。3,000回転も回せばヨユーで走れる。1速ならきっちりレッドまで回せる。今時の車らしく、割と速い。電子制御満載で、下手くそな私が乗っても安心。

BEATは車としての基本設計が古いので色々壊れやすい。経年劣化もあると思いますが。標準装備の雨漏り、リアスクリーンの曇りとか。S660は最近の車なので普通に乗っていれば普通の軽自動車。壊れない。ただ、絶望的な積載量のなさにビビる。試乗に行った時も「これは車と思っちゃいけない、バイクと同じと思え」とディーラーの人に説明された。まあ、どちらも変な人が乗る車。不便さを引き換えにしても楽しい車なんすよねえ〜

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

とはいえ、もう一回BEATに乗りたいか?と言われれば、もういいわ、って感じなんですけど。維持できる自信がないです。だったら乗れる人が乗った方がいいし。40も過ぎると楽な方(すなわちS660)がいいし。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

S660は今年2回目の車検。BEATは5〜6年乗ったんだっけかな。結婚して引っ越したら乗らなくなって手放した。S660は貴重な通勤の足ですので、まだまだ乗ります。タイヤも交換したしね。BEATがそうだったように、毎回乗るたびに何かしら発見がある。通勤が少しだけ楽しくなる。

今後自動車も電動化が進んで、ガソリン車?マニュアル車?何それ?な状態になると思うんですが、それまで乗り続けたいもんです。維持費高騰しそうですけども。

タイヤを交換した

S660ちゃんの純正ネオバ。もうすぐ購入から5年が経ち、そろそろ・・・って雰囲気になってきていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

確かに少しヒビは入っているし、ゴムの表面も硬くなってきているのだけれど、以前みたいに峠に行ってカッ飛ばすこともしないし、別にそのままでいっか、って思って何ヶ月も経ってたんだけど、いよいよ交換。

山もまだ残ってるのにもったいないな・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ネオバとかブリヂストンのRE-71RSとかに交換するのが純正的にはいいのかもしんないけど、あまりに高い。無慈悲。なのでグレードを落としてRE004 アドレナリンにした。そういえばBEATに乗ってた時は高い方のポテンザにしてたな。確か4本で10万円くらいした気がするが、RE004はパンク保証まで付けて7万円少々でした。それでも高いよなあ、軽のタイヤにしちゃ。

タイヤ屋から家までしか走っていないのでインプレションもへったくれもないのだけど、ノイズは少ない。新しいタイヤなんてそんなもんかもしれないけど、ニュートラルでタイヤが転がっている時のノイズは明らかに小さい。

グリップについては、そもそもネオバを隅から隅まで使いきれてないのに(そもそも限界って何?状態)あーだこーだ言えないのでノーコメント。私のようなヘタレドライブなら問題ないと思うです。

そうそう、

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ヒゲがない。昔はタイヤを買ったら「ヒゲを削るまできっちり使って慣らせ!」って言われたもんだけど。

グレゴリーのカバートエクステンデッドミッションで出張した話

荷物ぎゅうぎゅうの画像はない。申し訳ありませぬ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

先日購入したグレゴリーのカバートエクステンデッドミッション。こいつを持って2泊の出張に行ってきた。

  • iPad
  • 2泊分の着替え(ワイシャツやら下着、寝る時用のシャツとか色々)
  • 手帳とノート
  • 電動の髭剃りとか電動歯ブラシとか
  • 充電器関係:充電用のUSBハブとケーブル類(これが地味に嵩張る)
  • 仕事で使うこまごましたものやら

いやー、結構ギリギリでした。2泊なので寝る時のシャツを2枚持っていこうと思ったんだけど却下したり、モバイルバッテリーを諦めたり。1泊なら絶対余裕なんだけど、2泊だと絶妙に微妙。入らなそうで入る。

ちなみに私は荷物は多い方です。車だったらカバン2個で行くもんね。今回は電車だったので減らした方。というか着る物、充電関係が嵩張っている時点で諦められるもの/減らせるものが少ないんすけど。

筆記用具を買った話

人はそれを無駄遣いという。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

はい、ジェットストリーム エッジ3です。第1弾のエッジはあまり興味なかったんですが、3色ボールペンのエッジ、見た目がかっこよくて買ってしまった。私のは限定のネイビーです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

今までメインで使っていた(これからも使うけど)LAMY 2000の4色ボールペン、手洗い後のカサカサの手だとちょっと滑るんですよねえ。これはしばらくカバンの中でお休みです。ちなみに、こいつはジェットストリーム化済み。

さて、エッジ3はそんなこともなく持ちやすく滑らない。気に入らない点を挙げるとするならば、クリップの部分、ワイヤー状でLAMY Safariを彷彿とさせるんだけど、あれってクリップとしては嵩張るのでノートの表紙とかに挟みにくい。引っ掛けられないペンホルダーも多いし。この辺はイマイチかな。でもまあ、そういう使い方はしないので(ワイシャツのポッケに入れてる)私の使い方では問題ないか。

ペン先は「エッジ」と言われるだけあって細い。引っかかる感じがする。慣れれば問題なさそう。でも、そこまで細さは求めていないので、そのうち太いのに切り替える予定。


 

 

それと、こんなもんも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

無印の丸軸万年筆と、ロルバーンの下敷き。スガキヤでラーメンも食ったよ。

まずはロルバーンの下敷き。これは正直失敗だったかな・・・ペンホルダーが欲しくてこの下敷きを買ったんだけど、ペンホルダーが大きくてイマイチかっこよくない。使いますけどね・・・


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

無印の万年筆、これはいい!このシンプルなデザイン、程よい重さ。ペン先はFだっけかな、でも海外のFなのでそんなに細くもない。すらすら描ける感じも良いです。LAMYのSafariよりもこっちの方が好きかも。これが1,090円で買えちゃうのもいいですよねえ。恐れることなくガシガシ使っていける。

売っていたのは知ってたんだけど、すでに販売終了しているもんかと思った。そのうちペリカンのコンバーターでも突っ込んで手持ちのインクを入れてみようと思います。

 

 

 

ノート

ノートばかり買っている。Amazon Basicのモレスキンもどきのやつとか、安売りされていたモレスキンとか。文房具って、買おうと思えば買えてしまうものが多くて、ついつい買っちゃうんすよね・・・(その流れで危うく高めの万年筆とか買いそうになる)

で、今回手を出したのはコイツだ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

ロルバーン。ロールバーンとかロールバンかと思ってました。超定番すよね。人生初です。

ジュニアサイズのリーガルパッドにその日にあった電話、メモなどを殴り書きして、空いた時間に手帳に転記、転記が終わったメモは潔く処分していたんだけど、最近その転記の漏れがあって、多少残せるものの方がいいのかな、と思って買った。

モレスキンと比べると紙もしっかりしていて、インクが抜けちゃうこともない。最後の方のページにポケットがあるけど、これは使い道あんのかな。

そのついでに、胸ポケットに入れていたロディア No.11の代打で同じくロルバーンのミニサイズのやつも買った。これがモレスキン2冊とかだと高くてなかなか買えないけど、1,000円以下だとついつい買っちゃうんすよね・・・





3WAYバッグに手を出すの巻

3WAYバッグ。手で持っても良し、肩にかけても良し、背負っても良し。でも、長いこと抵抗があってですね。なんでかはよく分かりません。

だけれど、ちょっと遠出したりすると、手持ちのブリーフケースにしても、肩掛けにしても、トートバッグにしても、歳のせいなのか肩が痛くなる。コートとか持ってると最悪ですね。お土産買いすぎたりしたら地獄。

で、ついに3WAYに手を出してしまった。便利さには抗えない。

グレゴリーのカバートエクステンデッドミッション。かっこいい!

こちらはグレゴリー公式↓

 

私は並行輸入の方を買いました↓(メーカー保証なし)

 

公式サイトによると容量は22L、重さ1.2kg、大きさは42W×28H×15Dcm。私が持ってるブリーフィングのNEO

B4 LINERは460mmx310mmx120mm、容量は約16Lなので、縦横は小さいけどマチが深い箱型なので容量はたっぷり、といった印象。

以前、20Lのリュックをパンパンにして真冬に2泊(出張なので最低限の荷物でしたが)したことがあるので、1泊なら余裕、2泊もギリギリ、ってところでしょうか。

同じくらいの容量のノースフェイスのシャトル3WAYや同じグレゴリーのカバートオーバーナイトミッションとも比較して悩んだんだけど、ノースよりもより無骨なグレゴリーがかっこよかった。カバートオーバーナイトミッションも良かったんだけど、日常使いにはちょっとデカすぎるかな、と思ってこいつにしました。

斜めから。商品画像と比べるとパンパンに膨らんでいません。こっちの方がかっこいい。

開いてみた。ここには普段出し入れするものを入れてます。メインは通勤用なので、ベルロイのポーチ(予備のマスクやら、忘れちゃいけない仕事関係の小物やら、下痢止めなどの薬とか)とモレスキン風ノート(Amazonベーシックのやつ)、水筒とか入れてる。

ベルロイのポーチはStanding Pouch Plusと言うやつ。その名の通り、自立します。

 

間違いなく1泊は余裕だな。うまく収納すれば2泊も行けそうな雰囲気。

収納部分拡大。クリアファイルに入れたA4書類が余裕で入る書類スペースと、ジッパー付きの小物入れ、ポケットがあります。ここには筆入れとか突っ込んであります。そんで、マウスとか充電器とか入れとくのに便利そうなグレゴリーのポーチも付いてきます。出張の時に使えそう。

もう1個の収納スペース。PC用ですね。ポケットが付いていて、タブレットくらいなら収納できそう。私は日常はPCを持ち歩かない(重たいし)ので貴重品入れにしてます。

んで前側の収納ポケットその1。ボールペンと名刺入れをポケット部分に入れてますが、旧式はここが斜めになっていて、手持ちでもリュック時でもものが出し入れしやすかったとか。手帳もこの部屋に放り込んでます。

ひどいピンボケで恐縮ですがフロントのポケットその2。こちらは大きめのポケットが1つ。エコバッグとか消毒液とか、普段使わない肩掛け用のベルトを入れております。

リュックモードにするとこんなん。楽ですよ楽。

ブリーフィングのB4 LINERと比べると、収納力は上でさらに軽い。ブリーフィングはバリスティックナイロン使ってるからなのか、ちょっと重いんですよね。グレゴリーは今回のバージョンからコーデュラナイロンを採用して軽いんでしょう。

コロナだし、なかなか出張もなさそうですけどね。コロナになってから泊まりの出張は1度だけ。もう少し落ち着いて、このバッグが活躍する日が早く来るといいなあ、と願っております。

林檎教信者、年末にお布施をするの巻

前回の更新から4ヶ月。皆様お変わりないでしょうか。新型コロナウィルスのおかげでままならない生活が続いております。

年1〜2回の海外出張もなく、ていうか国内出張もほとんどなく(あっても日帰り、車で移動)、パッとしない毎日です。仕事があって働けるだけマシ、かな。

そんな中、敬虔な林檎教信者の私、10月にApple Watchを買いました。SEの方。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

もう2ヶ月も前のことなのでSEと6で何がどう違うのかあんまり覚えていなかったりしますが、血中酸素とか常時画面表示とかいらないからSEにしたんだと思う。安いし。

series3との比較だと、画面が大きい、充電時間も短くなったような気がする。文字盤も増えて良い感じです。

そして、さらにお布施。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi ISHIHARA(@i764gt)がシェアした投稿

M1チップ搭載のMacBook Air。512GBのストレージが欲しかったので、グラフィックを標準の7コアから8コアにアップグレードした方を買った。14万くらい?

14万円に対し1万ポイントくらい付いた。見るときによってポイントの付与率が違ったんだけど、うまいこと高ポイントのタイミングで買えた。

ブラックフライデーのタイミングで27インチの4Kディスプレイも買った。PHILIPSのやつ。通常3万〜3万5千円くらいなんだけど、2万5千円で買えた。さらにポイントバックもあるのでANKERのUSB-CのハブやらUSB-Cとディスプレイポートの変換ケーブルとかも準備。

4Kを60hzで出力するためにディスプレイポートのケーブルを買ったんだけど、スリープから復帰した時にケーブルを繋ぐとディスプレイを認識しないことがある。再起動すると認識するんだけどね。それとか、30hzになってしまったり。なんだか難しいですなあ。でも4K、綺麗でいいです。3万しないディスプレイでここまでの品質ならアリでしょう。