財布

カード払い、特にApple PayやQRコード決済が増えてきて、財布の中身も見直しました。

今までがコレ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

財布買った。コイツは薄くて軽くていいわ💸 #bellroy #mybellroy #bellroyhideandseek

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

BellroyのHide and seek。

 

もともとホワイトハウスコックスの長財布を使っていましたが、デカすぎて・・・(出張の時のパスポート入れとして使うには少し便利だったかな)

カードは12枚くらい入るのかな。あとは紙幣も普通に入ります。小銭は・・・入るといえば入るけど、使いにくかったので私は使っていませんでした。一応小銭を入れる(何とか入れられる)ポケットが隠されてます。

これでも分厚い&大きい気がしてしまって、これに切り替えた↓

こちらもBellroyのCard sleeve。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bellroy公式 ベルロイ カードスリーブ / Card Sleeve 送料無料 本革 本皮
価格:7500円(税込、送料無料) (2019/8/15時点)

楽天で購入

 

 

ほんとに薄い!必要なものしか入れられない!札入れなんてない!

ということで、私が入れているのは、

  • クレジットカード類→個人用に使っているメインとサブのカード、家庭用のカード、合計3枚
  • 免許証
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • 紙幣(目標5枚以内)

これら6枚&紙幣と、これらよりも薄い、プラスチックじゃないペラペラのカード類(診察券とか、美容院のポイントカードとか、そんなのが3〜4枚くらい)をいれてます。まあ入るもんです。

これら以外のカードとか小銭は、karrimorの小銭入れ&カード入れに。

 

こっちには頻度の少ないカード類(ほとんど診察券)を突っ込んでます。普段はかばんの中に入れっぱなし。無くしてもそんなに致命的ではないものを入れてあります。

なので、仕事中や遠出するときはBellroyとkarrimorを両方持っていきます(※つーか、遠出するときに普段使わないような診察券が使えるわけがないので、小銭の行き場用としてしか役割がないですね、ポケットにジャラジャラ入れとけば済む話ですけど)が、何も無ければBellroyさえあれば、とりあえず必要なものは買えるような感じ。ってか、両方持っていてもあんまりかさばりません。そもそも小銭が要らなければBellroyだけで余裕。

Bellroy、周りで使っている人を見かけないんですけど、とても使いやすいのでおすすめっすよ。そんなに高いわけではないですし。スリムな財布を探している人にはかなりおすすめです。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください