半年点検へ(とスカイサウンドリアスピーカーのお見積を)

と、その前に、大寒波が来ているようで、温暖なわが町も

雪っす…

こんななっちゃいました…が、雪がやんで15分もしたら綺麗に溶けてなくなってしまいました。

で、半年点検。オイルは純正品に。サーキット走るわけでもないし、マメに(と言っても5,000kmに1回だけど)交換してやるだけでじゅうぶんかな。もったいないわ。点検はモチロン問題なし。

んで。スカイサウンドのリアスピーカーのお見積を入手した。

まだ取り付け方の詳細が来ていないので、何をどのように付けたら3時間の作業になるのだろうか…と言うことらしいですが、取りあえずの見積です。高いなあ…おそらく取り付けることになるとは思うんだけど、発注は詳細が分かる2月中旬以降まで様子を見ることにした。

帰り。

外気温1度だってよ…そら寒いワケだ…さすがにオープンはやめときました。

 

外出用の財布

普段、ホワイトハウスコックスの長い財布を使ってるんですが、アレ、デカいんですよ。S660に乗る時、ひとりなら助手席に放り投げときゃ良いんですが、娘を乗せると置き場所に若干困るんです。シフトレバーの向こう側には入らないし、手前側やドリンクホルダーにも収まらない。ってことで買った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーマディック SA08 財布08 赤
価格:1404円(税込、送料別) (2017/1/11時点)

 

nomadicの財布08。これに免許と小銭、あと普段使いのカードでも入れておけば他にケータイだけで良し。ちなみに、今まで娘とS660に乗る際、カバンに長財布を入れて助手席の足元に放り込んでました。でも、邪魔くさいんだよねえ。nomadicは他にも使えそうなカバンがあるので、また見てみようかな。

しかし、長財布すら満足に置ける場所がないとは、大変なクルマですなあ。これからS660に乗ろうって人は、なるべく荷物を持たない(カバンが限りなく小さい)ようにすることをオススメします。でもサイコーに楽しいクルマですよ!

本宮山スカイラインほか

成人の日、半日時間が出来たので一人でフラッと。

とは言え、あんまり山の方に行くと凍って危なそうなので、本宮山スカイライン〜作手〜鳳来寺山パークウェイと行ってきました。何気に本宮山スカイラインは初。三河湾スカイラインはよく通ってましたけどねえ。まったり走ってきましたよん。昔みたいにぶっ飛ばしてる人も少ないのかな?煽られたりもせず。

そして今日、ついにスパナマーク点滅。4,500kmでした。週末の点検時にオイル交換まで行っちゃうか。

半年点検の予約とか

朝、新年初オープンで娘を乗せてコンビニまで。さすがにエンジンが冷えてると寒いですが、暖気が済んでしまえば暖かい。「物好きねえ」的な眼差しが痛いですが、全然!寒くないですから!こればかりは乗ってみなければ分からないのでしょうなあ…腰のあたりが少し冷えたりしますが、リアガラスを開ければ完璧。少しうるさいのがアレですが、街乗りであれば我慢(会話も)できます。

その後、嫁さまのフリードで静岡へ。ちょいと買い物して帰宅。最近、3歳半の娘が昼寝しなくなってしまったので、「どっか連れて行ってやるか」と午後からはディーラーへ。うちの娘、ディーラーに行くとおやつが貰えると思っているみたいで、喜んでくっついて来ます。

何しにディーラーに行ったかと言えば、半年点検の予約とスカイサウンドのリアスピーカーの見積り依頼。ものの数分で終わった。上手く行けば半年点検のときに価格がわかるのかな。リアスピーカー、実はものすごく楽しみで、高速やオープン時、雨の日など周囲の雑音が大きいときにもう少しだけちゃんと音楽聴けないかな、と思ってます。音質はよく分かりませんが、闇雲に音量上げて聴くのが好きじゃないので、少しは改善されるといいなあ。

その後、娘を店内のスペースで少し遊ばせて、それでもまだ遊び足りなかったので、近所のイオンで更に遊ばせてから帰宅。でも全然昼寝しやしねえ…

年末年始

今年もよろしくです。

年末年始のお休みも終盤、明日と明後日のみです。これと言ってイレギュラーにやることもなく、例年通り、大晦日には紅白を見て、元旦はいつものお寺と神社に初詣。

そのスキをみて、年末は森〜春野〜川根本町へ。以前、SR400とかBEATとかでも行っているはずなんですが、春野〜川根本町の国道362号線はひどかった。あんなに酷い道だっけ?酷道とまではいかないけど、落ち葉や枯れ木が散乱している上に水浸し。せっかく洗車したのに泥まみれの帰還となりました。もう2度と通るまい…

今年は、3月発売予定のリアスピーカーを取り付けるッス!買おう買おうと考えていたBOSEのノイズキャンセリング付ヘッドホン(出張用に買おうかと検討中)の為の資金を回します。どうせヘッドホン買っても出番は少なそうだしねえ。

 

年末の洗車

多分今年最後。

毎度ながら、テキトーです。純正の洗剤とコーティング剤(スプレーのやつ)でシュッシュしておしまい。Instagram見てると毎週のように洗ってらっしゃる方もいらっしゃるようですが、わたしはそこまでやる気力もなく・・・というかめんどくさいので、デカい鳥フンが付着したとか、何か理由があったら洗う程度。

屋根も洗いました。ボディ洗って余った洗剤をブッ掛けて、ちょっと馴染ませて、水ぶっかけておしまい。なんとなく綺麗になった気がしますね。よく見るとホコリが付いてますね。

スカイサウンド

スカイサウンドと言えばBEATのソレだと思ってたんですが、S660でもついに。

スカイサウンドスピーカーシステム

ミッドシップエンジンが放つ心躍る音。颯爽と風を切る音。S660だからこそ味わえるそうした醍醐味と、より高い次元で融合するリスニングの喜びを徹底追求。目の前に音像を創り上げ、臨場感あふれる音とするために専用設計したツィーターガーニッシュと、その音像を損なわず音の明瞭さを高めるために専用設計したリアスピーカーガーニッシュ。リアスピーカーは、低歪かつ広帯域でフラットな特性を実現したアルパイン製新スピーカーを採用し、さらに、ハイパスフィルターも専用にチューニング。何度も実走試験を繰り返して試作・試聴を重ね、あたかもボーカリストと眼前で相対しているような、琴線を揺さぶるリアリティに満ちたクリアなサウンドを実現した。

ここでスカイサウンドの名前を復活させてきたか…!

で、まあ正直なとこ、オープンカーで音質を求めるものではないと思うんだけど、せめてオープン時にもう少しだけ音楽聴けないかな〜と日々感じているんだけど、これはいいかもしれない。

いろんなモーターショーでも参考出品されてたアレですね。フロントスピーカーとツイーターはどっちでもいい(ってか予算的にムリ)けど、このリア側スピーカーは付けてみたいな。ってことで、1月の点検時に見積もり取ってくるでい。

そうそう、センターディスプレイ付けてると音の調整のところで音の振りを左右だけじゃなく前後にも振れるよう設定できるんだけど、「リアにスピーカーなんてないのに、なんで前後に音を振れるんだ?」と思ってましたが、このリアスピーカーを取り付けるとそこの設定が意味を成すわけですな。なるほど。

S660 Factory Tour

八千代工業の四日市製作所にて開催されているS660の工場見学に行ってきました!

img_0271

浜名湖SAから四日市製作所まで屋根開けっ放しのオープンで行きましたけど、全然寒くないっすね。MIDモード最高です。リアガラス下げると温風も心地よい。うるさいけど。

工場内は撮影禁止なので写真はありませんが「S660作るならここでなきゃ作れんわなー」と。クルマってもっと、こう、機械がほとんど組み立てちゃうもんかと思ったんだけど、手作業の部分の多さに驚きました。

八千代の方とほんの少しだけお話したのですが「BEATのときと基本的には何も変わってませんから…!」ってのにグッと来た。おれ、BEATも乗ってたよ…

img_0289

img_0290

八千代オリジナルS660。

img_0292

2周年のイベントも期待してますよ!行けるか分からんけど。

サービスキャンペーン

出てましたねえ。

S660のサービスキャンペーン

ボディーパネルの塗装において、カーニバルイエローⅡカラーの顔料の選定が不適切なため、耐候性が不足しているものがあります。そのため、日射等に曝されると塗装が早期に褪色するおそれがあります。

全ての車体が対象ではないようですが、黄色S660の皆様は一安心、ですかな?

茶臼山高原道路

日曜日、午前中フリーだったのでフラッと…早起きで伊豆の方まで行こうかと思ったりもしましたが、往復の高速を考えただけでかったるいので、より近場で、道中も楽しめそうな…と言うと茶臼山しか浮かびませんでした。S660では2度め。

しばらくすると、雨は止んでましたが、かなり不安な天気なので、屋根は開けずに新東名の新城ICへ。あ、はじめて引佐以西の新東名を走ったかも。2時間ほどで茶臼山高原道路のふもと、アグリステーションなぐらに。

img_0103

img_0106

紅葉も見頃…というわけでもなく、何かイベントがあったみたいですね。なんだか知りませんけども。サクッと駐車場停めて、歩いてトイレ探して、さっさと撤収。

img_0107

そうそう、S660で高速をオープンにして走ったのは初めてだったんだけど、オープン時に窓を上げてリアガラスを開けるとむちゃんこ暖かいんですね。うるさいけど。MIDモード使うよりずっと暖かい。エンジンの温風が全て室内に入ってくる感じ。ただし、かなりうるさい。同乗者がいない時限定かもしんない。