iBooks

(*iBookはAppleがかつて販売していたノート型パソコンです。今回はiBooks。)

気がつかなかったけど、iBooksなるものがiOS4から使えるようになった。
そんなもん使わんだろうなあ、と思いました。電子書籍読まないし。というか紙の本すらそんなに読まない。

が、しかし 「iBooks」の続きを読む

iPad

昨日の投稿で「iPhoneOSのバージョンアップが・・・」とか書きましたが、見事に外れた。
噂通り、アップルのタブレットPCが発表されました。

って、

でっかいiPhoneじゃん!って思わず突っ込みたくなりました。

正直なところ、電子書籍なんて縁はないし(そもそも活字嫌い)何をするにしても僕の場合iPhoneで事足りてしまうわけで、別段魅力は感じないのでありました。
欲しい人にはたまらない製品なんだろうけど、いまいちピンと来ない。。。

iPhone

iPhone、って言えばAppleが作ってる携帯電話、いわゆるスマートフォン。
僕は発売直後のユーザー(未だにiPhone3G)で、およそ1年半使ってます。
今までの携帯電話では1年サイクルで買い換えてたのに、iPhoneは1年以上経っても使い続けてます。飽きないのよね。

出た当初は結構酷かった。

・バッテリーの持ちが最悪。
・いきなり落ちる。通話中でも容赦ない
・文字入力のインターフェイスは斬新だったけど、変換速度が遅すぎる。
・って言うか全体的に遅い
…など。

しかし、バージョンアップを重ねるごとに改善されて、今はそんなに不満はないです。
そう、iPhoneってOSがバージョンアップするんです。
いわゆる携帯電話は、よほどの不具合がない限りアップデートしないけど、iPhoneはちょいちょいバージョンアップするんです。
そこが大きな違い。

当初は「落ちるのが怖くて電話としてはNG」と言われてましたが、現行のバージョンでは、個別のアプリが落ちることはあってもOSごと落ちることは少なくなった。
バッテリーの持ちはもう少し・・・だけど、1日ごとに忘れずに充電するか、それでも持たない人は充電器を持ち歩けば良いんです。
電波の掴みも改善されたような気がしますし。そもそも圏外なところに関してはソフトバンクに文句言ってください(^^;

一番すごいなあと思ったのは、最初の方にも書いたけど、文字入力が斬新。


「お」って入力したい時は「あ」を長押しするとその周りに時計回りに「い・う・え・お」って出るので、「お」の方にフリック。
慣れれば相当楽。

アプリの数も豊富。
これはCMでもやってるので言うまでもなし。

と、言うことで結構便利です。

本日の深夜には新しいApple製品の発表と同時に、新iPhoneOSの発表(リリースはまだ?)もあるとかないとか言われてますし、ますます楽しみなのであります。

Google日本語入力

今日もGoogle。

googlejapanesess
昨日だか一昨日だかにリリースされたGoogle日本語入力。
Windows版だけかと思いきや、Mac版もリリースされてたので早速試してみた。

たとえば
googlejapanese
こんな感じに先読み。

これ書いてる今も、
「ためして」→「ためしてガッテン」が候補に
「わらって」→「笑っていいとも」「笑ってコラえて」が候補に
・・・と、すげえ日本語向けな感じなのです。

ちょうどことえりもお馬鹿になってきたなあと感じてきたとこなので、しばらく使ってみることにしよう。
会社のIMEも勝手に変えちゃおうかな。怒られるかな。