LAMY 2000というボールペン(と言いつつも主に他製品の愚痴)

たかがボールペン、されどボールペン。

コレ買いました。

ちょうどタイムセールだったので・・・ってのは「ちょっと無駄遣いしている自分を納得させるための言い訳」でしかありませんが、6,000円を切って購入できました。

リフィルはジェットストリームに交換。何とかの一つ覚えのように、持っているボールペン全てジェットストリームにして使っています^^; (純正リフィルは予備にとっておこう)

ちなみに、それまではジェットストリームプライムをメインに使っていました。ってか、4ヶ月しか使ってない。

これね、とっても良いんですけど、なんかの拍子にクリップがすぐに緩むようになってしまった。

バラしてみると、宝石みたいな樹脂のパーツ(レビューでクソミソに言われているあの部分です)が金属のクリップに嵌っているんですが、どうやらこの樹脂のパーツが小さい切り欠きに収まることでクリップが緩まない(緩みにくい)ようになっている様子。この樹脂のパーツが何かの拍子に少し欠けてしまい、クリップが緩みやすくなってしまったみたい。

この部分、一度緩むと全部緩めて上のキャップを外してバラさないと戻せない機構になっていて、それが煩わしいので三菱鉛筆のサポセンに電話してみたんですが、その小さな樹脂のパーツのみで発注はできないとのことでした。緩まないよう注意して使ってください、と言われてしまった。無念。

ちょっと当たっただけで緩んじゃうから、これはちょっといただけない・・・ということで、LAMY 2000を1軍入りさせて、この子は手帳専用かペンケースの中でおとなしくしてもらうことにした。

その他、パイロットのコクーンも使ってます。

こいつもジェットストリーム化してます。型番は忘れましたが、市販のジェットストリーム芯をコクーンのサイズにぶった切って使っています。

Cabin Zero届いた

つーことで、はるばるイギリスから届きました。

火曜日に本家CabinZeroにてオーダー、ドイツやら香港やらを経由して木曜日に届けてくれる予定だったんだけど受け取れず、金曜日に我が家へ。早い!

見た感想、思ったより大きくない、そして軽い。荷物パンパンにしたら膨らむんだろうなあ…

ちなみに、キャビンゼロはAmazonや楽天でも買えるんですが、なんで今回わざわざイギリスから取り寄せたかというと、国内で流通してる安いミリタリーシリーズは旧型で、横の持ち手やドリンクホルダーが無かったり、上の持ち手も少し小さかったり、バッグ内のポケットの作りも違ったり…となんか気になっちゃったので本家のキャビンゼロで買いました。

https://www.cabinzero.com

ちなみに、10%オフクーポンを使用して、送料や税を含んで12,680円でした。旧型だと、購入するサイトにもよりますが1万円以下で買えるかも。新型も一部国内で売っていますが、本家で買うよりちょっと高い。13,500円とか。

これは旧型↓

 

これは新型↓安くなった?

 

あと、本家だとClassicシリーズのPlusだったりProモデルが売ってたり、国内ではあまり見かけないモデルも売ってます。
Classicやミリタリーに比べると、機能性重視で少し重かったり、大きかったりするようです。数値上はLCCに持ち込めないサイズだったり。

わけあってバックパック

前回の中国出張でお世話になったkarrimorのClamshell40なんですが、まさかの不良品疑惑。本来、メインの収納場所のジッパーは鍵がかけられるように穴が空いているんですね。こんな具合↓

穴と穴を合わせて、防犯用のいわゆる南京錠的なものを通せるようになっているんですが、私のクラムシェルはなんと…

片方のジッパーが普通のジッパーなのでロックできない…購入後4ヶ月か5ヶ月経っていたんだけど、こちら都合の不具合でもなく本当の不良品なので、購入先のAmazonに相談。こちら都合の不具合ではないとは言え、気に入っていたので同品と交換でよかったんですが、Amazonのシステム上そうもいかないらしく返品と相成りました。

で、いざ同じものをオーダー…と思いましたが「しばらく海外出張ないしなあ、ちゃんと考えたほうがいいのかなあ」と悩みだし「機内持ち込みするんだったらキャリーケースよりもバックパックの方が軽くて荷物たくさん詰められるから良いんじゃね」となり、たどり着いたのがコレ↓

キャビンゼロのミリタリーシリーズ。容量は44L。ちなみに、karrimorのクラムシェルは40Lだから、カタログスペックでは1割ほど多く入ることになります。キャビンゼロにしたのは「旅慣れ感」がかっこよかったから。

スタンダードな(そしてビジネスでも何とかいけそうな)クラシックシリーズとも比較して悩んだんだけど、

  • ドリンクホルダーがない(※楽天とかAmazonで安く売ってるミリタリーは旧製品の可能性あり!そちらはドリンクホルダー無し、横持ちのストラップも無しですので要注意)
  • ウェストベルトがない
  • 背中がちょっと貧弱

…などなど、色は魅力的だったんだけど、悩みに悩んで機能的なミリタリーにした。全然ビジネス向きじゃないっすけどね。仕事用のブリーフケース持ってくからそれで相殺だ(謎)

キャビンゼロのウェブサイトから直接注文したほうが少し安かったので、UKから送ってもらうことにしました。数日で発送してくれるっぽい。楽しみだわあ。

※以下のリンクから10%オフクーポンが手に入るっぽいです。よかったらどぞう(これ使わなくても初回のアカウント登録でCabinMilesを貯めると10%できるんですけどね) http://ref.cabinzero.com/cP33LGWy

ということで、私の出張用カバンは

  • karrimor Tribute 20:2泊までならなんとかいける
  • cabin zero military 44L:2泊以上
  • スーツケース:4泊以上

これらの組み合わせで想定できる出張にはほぼ対応可能。あとは仕事を作るだけだぜ・・・

11月の中国とか

どうやら変なエディターのプラグインのせいでポストできなくなっていたっぽい。何回書いては消し、書いては消しを繰り返したと思ったんだよ・・・

以前なら意地でも修正したんだろうけど、この歳(ついに大台)になると、ブログごときにそこまで執着しなくなるんすね。

で、前回の投稿のあと、台風でカーポートの屋根が一部ぶっ飛びました。まだ直ってません。ってか、近所の屋根も一部ブルーシートのままになっていたり、カーポートごときは後回しなんですね(全然急いでないのでいいんですけど)

11月には上海に行ったり

4回か5回行ってますが、はじめて観光地ぽいところに行きました。今回は荷物の預け入れ&引き取りが面倒だったので手荷物のみで行きました。

たまに出てくるBRIEFINGのカバンと、新規投入のカリマーのクラムシェル40。これ、軽くて使いやすいし、かっこよくていいっすよぉ、でも、荷物の入れ方を考えないと、立てたときに底が床に接してしまうのがちょっと嫌かな。

蘇州にも行ったんだけど、1万円弱(日本で言うところのビジネスホテルより少し高いところ)の値段で超高級風なホテルだった。良かったです。

今年はどこに行けるんだろうか、もっといろいろ行ってみたいですが、そのためには仕事を見つけねば・・・

アメリカ行ってきた

仕事ですが、ついにアメリカにまで行ってきました。8月下旬の話です。

View this post on Instagram

アメリカ大陸でけえ

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

ハワイまでは行ったことありますが、それより東は未知の世界。ついに来てしまった感が物凄かった。

View this post on Instagram

昼ごはん

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

カリフォルニアのマンハッタンビーチに来ております。

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

日曜の夕方の便に乗り、到着は現地時間日曜昼。なので、1日目は完全に観光。

飯は毎食こんなん。ホテルのバイキングは日本人向けのメニューが若干ありました。

アメリカは中国と違い、片言ですが英語が通じる!当たり前ですがこれには感動。飯も自分たちだけで近所のレストランに食べに行ける喜び。

また、スマホはiPhoneをSIMフリーにしているので、T-MobileのSIMをAmazonで用意して、そいつを利用していました。これまた当たり前ですが、中国と違いGoogleも普通に使えるので便利。日本にいるのと全く変わりなし。

とはいえ、片言の英語はちゃんと発音しないと通じないし、現地の会話に慣れた頃に帰国になってしまいちょっと悔しい。果たして再び北米の地を踏むことはあるのだろうか…

来月あたりまた中国行きますので、しばらく年数回の出張は続きそう。ヨーロッパも行ってみたいなあ。

中国行きました(3度目)

約1年半ぶり、3度目の中国でした。

実は出発の前の金曜日まで風邪で、熱は割とすぐに下がったんですがお腹の調子が優れず、ここまで不安な出張ははじめて。機内食もろくに食えず、トイレがあるたびに休憩しながら飛行機に乗り、上海に到着したらすぐにトイレへ…と、けっこう辛かった。

仕事をし始めると、食欲は戻ったものの、お腹ギュルギュルは相変わらず。中国のトイレは詰まりやすいことが多いので、神経を使いながら用を足してました。ああ…

3度目ともなると慣れてきて、単独行動も少しだけ増えました。中国語は挨拶くらいしか分かりませんが、ジェスチャーと日本語、カタコトの英語でなんとかなるもんです。

現地での通信手段は、以前にも書きましたがChina Unicomの香港SIMをローミングして使いました。SIMカードはSIMフリーのiPadに挿しました。LTEは使えず3Gのみの通信だけど、問題なく使えましたよ。向こうで飛んでるWi-Fiだと、Googleのサービスが使えないのでちょう不便なんすよ。ちなみに、テザリングは使えないっぽい。

そんなこんなで、下痢との戦いが大変な中国出張でした。次はいつになるんでしょうか。(ちなみに帰国後、ひどい副鼻腔炎になりました)

新年の挨拶とか

明けていました。

年始は毎年恒例、奥山方広寺に初詣に行ったりしてました。その後、妻と娘は実家に帰ったので、フラフラしていました。

暇なので一周してきます。 #hondas660 #honda #s660 #浜名湖

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

浜名湖一周と、森町〜デイトナ前〜春野〜天竜のお決まりコース。本宮山や茶臼山は冬期のため走れなそうだし。あとは洗車したくらいのもんです。

あと、1週間後に中国に再び出張のため、こんなんも買っといた↓

中国での通信手段を入手。SIMフリーのiPadで使いますです

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

SIMフリーのiPadにIIJmioのSIMカードを挿して使っていますが、そいつにChina UnicomのSIMを挿してあっちで使おうかな、と。前回はSIMフリーのWi-Fiルーターに同じSIMカードを挿していったんだけど、SIMのカットが不味かったのか上手く通信できず。今回は上手く行くといいけど。んで、iPadでWeChatとFaceTimeを使おうって魂胆です。

あと、最近ランニングを定期的にやっていて、年末くらいまでは近所を2.5km走っていたんだけど、欲が出てきたのでココへ↓

新年初ランは佐鳴湖一周。 #ランニング #佐鳴湖公園

HIROSHI ISHIHARAさん(@i764gt)がシェアした投稿 –

佐鳴湖1周のコース。浜松市でランニングつったらココ、みたいなコースです。1ヶ月くらい2.5kmのコースで慣らしていたので意外と走れました。年明けてから2回行ってますが、週に1回位のペースで行けるといいなあ、と。

まあ、そんな感じ。TwitterとかInstagramはボチボチやってますんで、そちらもよろしければどぞう。

dTVターミナル

娘が幼稚園でコレ貰ってきた。

dTVターミナル

これでDAZN見られるんじゃね?!と思ったけど、この端末では見られないらしい。なんじゃそら。

見られるチャンネルはdTVとdTVアニメ、もちろん有料。娘は無料でアンパンマンが見られると喜んでいたので、アカウント作って見ようとしたらカード登録を促されたのでやめた。仕方がないのでYouTubeを見せて落ち着かせた。

結論:これはいらない

ほぼ日手帳2018やらカバーやら

私はほぼ日手帳を使っています。使ってるっつっても、毎日毎日何かを書き留めるとか、スケジュールの管理をするとかではなく、お客さんのところで打ち合わせた内容やちょっとしたメモ書きに、その日のところにスラスラっと書く程度。

で、2018年版も買いました(画像なし)。送料ケチるために今回はLOFTで買いました。

ついでに、カバーも更新。

HERZのカバーにしました。ほぼ日のオンラインショップで売ってる手帳カバー、ちょっと高すぎなんですもの。

今使っている2017年版から使い始めてますが、いい感じです。ほぼ日の純正カバー(※オンラインショップで売ってるやつ)は割と硬めな気がするんですが、こちらは柔らかい。しっとりとした感じ。純正品よりもカード入れが少なかったり、カバー自体が柔らかいので書類とか挟んどくとグニャグニャしちゃうかも。まあ、大した問題じゃんないすけど。

WeChat

業務で中国の人とやり取りをする事が増えました。今まではメールでやり取りしていたんだけど、最近はもっぱらコレ。

WeChat。中国語では微信(ウェイシン)。日本で言うとこのLINEみたいなもんか。でも、オッサンなもんでLINEはほとんど使ったことがない。。。

iPhone版は以前から使っていて、この手のアプリケーションも結構便利なのね、と思ってたんだけど、しばらく使っているとファイルを添付したくなったり、「これPCからメールした方がまとめやすいんじゃね?」って事も増えたりして、WeChatとメールを行ったり来たり。そしたら先方さんから

「PC版のWeChat使えばいいのに」

えっそんなのあるんすか?!っつーことで早速入れた。自前のMacBook Airと会社のPCに。会社のPCの方はChromeの機能拡張版ですが。かんたんにインストール後の使用方法を書いとくと、

1.WeChatを起動すると画面にQRコードが表示される

2.スマホ側でQRコードをスキャンす。

3.スキャン後、スマホ側で表示される「ログイン」をタップ。すると、PC側でもログインされる(※ちなみに、QRコードのスキャン方法は、連絡先の追加のときに使うQRコードのスキャンでも行ける模様)

ログイン後、メッセージのやり取りをするわけですが、やり取りしたメッセージは勝手にスマホ側にも連携されます。なので、デスクから離れてスマホで続きを…ってのもモチロン出来ます。データの添付は、メッセージのとこにファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけ。PC版を使用している時は、スマホ側の通知はオフされる様子。

まあ、日本人同士でWeChatを使うことも少ないでしょうが、ご参考まで。