カテゴリー
日常

脱財布難民

ベルロイのカードスリーブとカードポケットでで生活していたのですが

 

 

これを会社のかばんの中に忍ばせてました。メインのカード類はカードスリーブに、サブのカード類と札、小銭はカードポケットに入れて。

カードポケットは当然札がそのまま入らないので、三つ折りないしは四つ折りで畳んでおくと、支払いのとき折れ曲がった札を出さなきゃいけない。これはまだいい。

問題はATM。カードポケットに複数枚の札を入れておいて、忘れた頃にATMで入金しようとすると、しっかり折り目がついてしまってなかなかATMが札を数えられない。こちらは盲点だった。

そんなこんなで、しばらく使っていたんだけど、いよいよ不便に感じて買ってしまった。

エムピウのミッレフォッリエ。

 

ベルロイの財布にするかこちらにするか以前悩んだことがあるのだけど、あの分厚い形状、大きさがいまいち気に入らなかった。が、いざベルロイで生活してみると、私にはちょっと厳しかった。

エムピウのミッレフォッリエは、ベルロイの財布に比べると小銭とカードの容量が多いだけ分厚いのだけど、尻ポケにもすんなり入る。スーツの前ポケットはちょっときついかも。

あと、革の触り心地や、巷で見かけるエイジングの感じがとても良さそう。ベルロイは革の匂いはあまりしなくってですね。エムピウの、こないだかったチェント2なんかもそうなんだけど、嫁さんいわく「靴屋の匂い」のようなしっかりした革のいい匂いがする。で、エイジングも楽しめるよう。

私が買ったのはプエブロレザーのネイビー。毛羽立ったような触り心地が気持ちいい。革のエイジングが進むと、購入時とは全く違った雰囲気になるようでとても楽しみです。

カクカクした形状は、尻ポケに突っ込んどくと割と丸くなります。

これで脱財布難民できるだろうか。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください