WeChat

業務で中国の人とやり取りをする事が増えました。今まではメールでやり取りしていたんだけど、最近はもっぱらコレ。

WeChat。中国語では微信(ウェイシン)。日本で言うとこのLINEみたいなもんか。でも、オッサンなもんでLINEはほとんど使ったことがない。。。

iPhone版は以前から使っていて、この手のアプリケーションも結構便利なのね、と思ってたんだけど、しばらく使っているとファイルを添付したくなったり、「これPCからメールした方がまとめやすいんじゃね?」って事も増えたりして、WeChatとメールを行ったり来たり。そしたら先方さんから

「PC版のWeChat使えばいいのに」

えっそんなのあるんすか?!っつーことで早速入れた。自前のMacBook Airと会社のPCに。会社のPCの方はChromeの機能拡張版ですが。かんたんにインストール後の使用方法を書いとくと、

1.WeChatを起動すると画面にQRコードが表示される

2.スマホ側でQRコードをスキャンす。

3.スキャン後、スマホ側で表示される「ログイン」をタップ。すると、PC側でもログインされる(※ちなみに、QRコードのスキャン方法は、連絡先の追加のときに使うQRコードのスキャンでも行ける模様)

ログイン後、メッセージのやり取りをするわけですが、やり取りしたメッセージは勝手にスマホ側にも連携されます。なので、デスクから離れてスマホで続きを…ってのもモチロン出来ます。データの添付は、メッセージのとこにファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけ。PC版を使用している時は、スマホ側の通知はオフされる様子。

まあ、日本人同士でWeChatを使うことも少ないでしょうが、ご参考まで。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL