CR-Zファイナル

最後ですかあ…

ホンダ、スポーツHV「CR―Z」生産終了へ

ホンダは9日、スポーツタイプのハイブリッド車(HV)「CR―Z」の生産を年内に終了すると発表した。

スポーツカーの品ぞろえにHVを加えることで顧客層の拡大を狙ったが、販売が伸び悩んでいた。

CR―Zは2010年に発売され、これまでに約4万台を販売した。低燃費と走りの楽しさを両立したことが評価され、10年に「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、HVの新機軸として注目された。

しかし、若者の車離れなどが響き、15年の販売台数は約730台と、ピークだった10年(約2万2000台)の約30分の1まで落ち込んだ。

生産終了に伴い、特別仕様車を10日に発売する。価格は280万円(消費税込み)で、特別仕様車限定のシートなどを装備した。

スクリーンショット 2016-06-09 22.54.04

「CR-Z」 α特別仕様車「α・Final label」を発売

Hondaは、俊敏で爽快な走りと優れた燃費性能を融合したスポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」に、精悍かつ落ち着きのあるブラックインテリアを採用するとともに、17インチ軽量アルミホイールやロゴ入りアルミ製コンソールプレートなどの魅力ある装備を装着した特別仕様車「α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)」を設定し、6月10日(金)に発売します。

何年前だ、多分2008年ころの東京モーターショーに展示されてたCR-Zを見に行ったことを昨日の事のように覚えてます。

P1010371

思わず写真探しちゃったよ…CR-Zのコンセプトモデル。人混みでなかなか写真が撮れませんでした。

HONDAのディーラーのイベントで何回か乗りましたけど、普通に走る分には速かったし、軽快かどうかはさておき、「スポーツ」「エコ」の切り替えで排気音やアクセル踏んだ時のリアクションが違ったりするのは今までになかった経験でした。未来感の演出っつうか。i-DCDでリニューアルするかと思いきやそのままディスコンとは…

S660がリリースされてしまった今となっては個人的には買うことはないであろうクルマだったけど、色んな意味でHONDAらしいクルマでした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL