iPhone4まとめ

写真も撮ってないしここ最近iPhone4の事ばっかですが、1週間ほど使ってみて感じたことなど。
(*林檎教信者なのであまり参考にならないかもですがね)

Retinaディスプレイ(網膜液晶)

図書館で暇つぶしに読んだ「iPhone4 VS Android」記事には
「解像度は高いが表示エリアは同じ。故にiPhone4にこれといってアドバンテージなし」
的な事が書いてあった。

いやいやいや、この高解像度液晶は凄いと思う。
ピクセルが虫眼鏡でも使わない限り判別できないので、文字はなめらか、写真は超シャープ。
今まで拡大しないと読めなかった/読みにくかった文字が読める(読みづらいのは認めるけど、読めるだけでも凄いと思う)
写真も細かい表現が可能。エンジンだとか、遠くの人の姿だとか。
読みやすいし、見やすい。それだけでこんなに違うとは思わなかった。

この液晶だけでもすげえ価値だと思うが、それだけじゃない。

マルチタスキング

iOS4からマルチタスキング対応(iPhoneは3GSと4が対応。3Gは非対応)。
あ、これはiPhone4の機能と言うよりもiOSの新機能か(^^;
ホームボタンをプチプチっと2度押すと出てくる下のアレです。

いわゆるコンピューター的なマルチタスキング(ひたすら裏で動き続ける)とは違い、「使うべき機能のみ動かして使わない機能は保留」という印象。
CPUやバッテリーに負担をあまり掛けないでマルチタスキングを実現。

いいところとしては、マルチタスクっぽい事が出来たり、今まで他のアプリを使わないと管理できなかったタスクの管理ができる。普通だ…
悪いところは、今までは起動させるたびにデータを拾いに行っていたアプリ(その都度起動→終了を繰り返していたから当然)が、マルチタスクではアプリを立ち上げた時点で起動し続けるので、アプリを一度終了させるか、手動で更新しないとデータを拾いに行かない(一部のアプリ。多くのアプリではタスクを選びなおした時点でデータを取りに行く)

まぁ、ボタン一つ押せば大抵の場合更新できるのでそんなに気にすることでも無いですが。

でも、例えば、Twitterアプリが裏で動き続けて常に新しいTLを更新し続けていたら、バッテリーの持ちがどうなるかは不安。
今くらいゆるいマルチタスクがいいのかもしんない。

タスクの終了は一気に出来るといいかもね。
僕は割と頻繁にタスクを終了させるので気にならないけど、大量のタスクを消していくのは面倒かも。

カメラ(5M)

空
大した写真じゃなくて恐縮ですが、5Mピクセルとは思えない程綺麗に撮れる。
国産のケータイが言うとこの「1,000万画素」「瞬撮」ってのがバカバカしくなる程。コンデジもいらないかも。

マクロは苦手。
デジタルズームは結構良い。ノイズだらけになるかと思いきや、それなりに撮れて面白い。

ただ、iPhoneの持ち方が悪いのか、僕が撮るとピンボケするんですけど。どうしたらいいんだろう。。。

ムービーは撮ってませんが、Youtubeにアップされてますね。
iMovieを入れてiPhone1台で撮影から編集までこなせると思えば便利。
あまりそういう場面に遭遇しないのだけど、なんか撮ってみようって気にはなる。いや、撮ってないけど(^^;

で、そういう機能がフルに使えるのもスペックが素晴らしくなったから。
3Gからの乗り換えだと涙がチョチョ切れます。
10年前に発売されたiMac以上のスペックを持ってるんですもの、このちっさい端末に。
Safariなんて、3G比で2倍以上速くなってると思う。
3G使ってる時は、遅くても「3G回線の通信速度が遅いんだよ」って本気で思ってたけど、iPhone4では3G回線でも「それなりに」速い。

Safariが起動するまでの時間も違うし、「戻る」ボタンを押しても前のページをちゃんと記憶してる。3Gの時はその都度更新してた。

ということで、iPhoneを使い続ける人なら買い替えは間違いなくオススメできます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL