iPhone OS 4.0

ついに発表。公開は今夏。

英米語学科のフルパワーを使っておおまかに理解したところによると、

・100以上の新機能でアプリケーションやメール管理や読書(iBook?)などが楽になって楽しいよ
・マルチタスク機能…7つのアプリケーションをバックグラウンドで動かせる。しっかもパフォーマンスはそのまま。Skypeを使いながら音楽聴いたり、メールチェックしたり、そんな感じ
・フォルダー機能…フォルダの中にアプリをドラッグアンドドロップで入れて管理出来るっぽい。マックスで2160のアプリを一度にiPhone上で管理出来る
・メールの改善…ひとつの画面で複数のメールボックスのメッセージを一覧できるみたい。スレッド管理も。サードパーティーのアプリケーションにメッセージを持ってったりもできる
・iBook…モバイル装置で本を買ったり読んだりするのに一番良い方法です。

そんな感じ。
アメリカアップルのサイトにはKeynoteもあるので見てはいかが?

ただし、今僕が使ってる2年前に国内初登場のiPhone3Gではマルチタスク機能(と言うか、パワーを要するものになるんだろうね)などの機能は使えない模様。
てことは、買い換えなきゃなわけだけど、新型が出てきて欲しいと切に願っているわけです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL